TEAM

中塚雅也

中塚雅也
1973年生まれ。神戸大学農学部卒業。緑地設計コンサルタント,(財)丹波の森協会等にて地域づくり実務に携わりながら,2004年,神戸大学院自然科学研究科博士後期課程修了,博士(学術)。神戸大学助教,英国ニューカッスル大学農村経済センター客員研究員などを経て,現在,神戸大学大学院農学研究科食料環境経済学講座 准教授。農学研究科地域連携センターを総括。専門は,地域マネジメント,農村政策,農村計画。
関連URL
http://mnakatsuka.net/

木原奈穂子

木原奈穂子
2006年京都大学農学部食料環境経済学科卒。2008年同大学院 農学研究科 生物資源経済学専攻修了。2017年神戸大学大学院 農学研究科学術研究員。修士課程では農業経営への支援のあり方を研究し、修了後に学んだことを実践すべく、中小企業に入社。大学院の社会人博士枠を利用して博士後期課程に進学し、社会人学生を経験。そのつながりから、農林水産省の新事業創出人材育成講義でのプレゼンテーション講義や、農業大学校で農業簿記の講義を担当。専門は、農業経営学、農業会計学、経営支援論。

谷川 智穂

谷川 智穂
1989年兵庫県加古川市生まれ。神戸市育ち。2013年英国ニューカッスル大学大学院修了。神戸大学農学部在学時の篠山での農業実習や、高校時代より携わっていた国際協力を通し、現場で学ぶことの大切さや課題解決の重要性を学ぶ。卒業後、国際協力や環境学の先進国である英国に渡り農業環境学を学ぶ。そこで出会ったGIS(地理情報システム)のソフトウェア会社の東京本社に5年間勤務し、GISを使った課題解決の提案を行う。2018年11月より農村イノベーションラボ勤務。GISアナリスト。(2級カラー コーディネーター。)

河口 英樹

河口 英樹
1971年 和歌山市生まれ。横浜ロイヤルパークホテル、全日空ゲートタワーホテル大阪でホテル開業スタッフを経験。主に結婚式を担当するウエディングプランナーとして勤務し、約500組の結婚式を担当する。1997年より大阪市の観光系専門学校に勤務し、教務課長、広報課長を歴任。その間、新学科の立ち上げプロジェクトを担当。2,000人を超える卒業生を輩出する学科に成長させる。2017年に篠山イノベーターズスクールを受講し、篠山市に移住。起業準備を進めながら、2019年4月より篠山イノベーターズスクール、コーディネーターとなる。

橋田 薫

橋田 薫
1993年生まれ。2011年神戸大学発達科学部卒。在学時より、篠山市福住地区で学生団体代表として地域づくりに参画。神戸大学農学研究科地域連携センターの学生アルバイトにも従事。同センターの活動や食農コープ教育を通じて、篠山市内の様々な人と出会い、足しげく通うように。「農と学び」を追求すべく、2013年、NPO法人食と農の研究所 運営スタッフに。2014年、福住での地区計画策定・事業開始支援への参画経験が契機となり、まちづくりコンサルタントに就職。公私ともに篠山の人との共同企画等による地域づくりに取り組む。

眞鍋邦大

眞鍋邦大
1978年香川県高松市生まれ。東京大学大学院卒業後、リーマン・ブラザーズ証券など複数の外資系金融機関を経て2012年に小豆島に移住。地域おこしの会社である(株)459を創業し『シマポン』や『小豆島のギフト』など地域資源を活用したローカルビジネスの開発を手掛ける。その後、14年5月に編集長として食材付きの情報誌である「四国食べる通信」を創刊。食材と共につくる人の想いや生産の裏側にある背景を伝え、四国の生産者と都会の消費者をつないでいる。現在は、四国食べる商店や四国食べる農園など、食を基軸としたリアルな場づくりを展開中。高松人間力大賞2013グランプリ受賞。「四国食べる通信」は、かがわビジネスモデル・チャレンジコンペ2014優秀賞受賞。

谷垣友里

谷垣友里

瀬戸 大喜

瀬戸 大喜
合同会社ルーフス 代表。
1992年生まれ。神戸大学発達科学部卒。元丹波篠山市地域おこし協力隊。
イノベーターズスクール1期生。2015年より「ささやま寺子屋塾」を経営。教育現場に立つ中で「田舎に帰って来たいけど、仕事が無いから帰れない。」という子どもが多いことに疑問を持つ。
自ら起業した経験から「田舎には困り事を仕事にまで育てる起業家が足りない」と思い立ち、子どもがアントレプレナーシップを学ぶ「寺子屋トガリ」を設立。
また、行き届かない地域医療の現状を目の当たりにし、予防医学に関わる東洋医学のプロになると決意。篠山での事業活動の傍ら、神戸東洋医療学院で鍼灸師を目指す学生である。田舎の教育と医療から「人口減少社会における新しい地域の在り方」を模索・実践している。

森田 忠

森田 忠
1952年丹波篠山市生まれ。40年間市役所(現丹波篠山市)での勤務や田舎暮らしワンストップサービス支援員などを経て、2019年より丹波篠山市地域おこし協力隊コーディネーターとして勤務。2020年より篠山イノベーターズスクールコーディネーターとなる。福住地区にある、農家民宿「森の風土」オーナーでもある。丹波篠山市内のことならなんでもよく知るお父さん的存在。